ポストが結ぶ心の輪 歌津復興夏まつりのストーリー

歌津夏まつり開催にあたって、2017年パンフレットにて
「ポストが結ぶ心の輪」と題したストーリーが掲載されましたので
こちらにも掲載いたします。

utatsu-summer-fes-2017-story

2014年投稿の記事は以下をご覧ください。

あげぇポストがつないだ縁

東日本大震災で多大な被害を受けた宮城県南三陸町。

町の東部に位置する歌津地区もその例外ではなく、津波が地区の大部分を襲いました。

震災前、歌津地区のコンビニエンスストア前にあった1個の赤いポスト。

津波によって海へ流され、太平洋を漂い、震災から1年9カ月後の2012年12月28日、2,400km離れた沖縄県の西表島で発見されました。

utatsu-post02

プレートに記してあった文字が手掛かりとなり、歌津にあったポストだと特定されました。

そのポストの帰還に合わせ、2013年の歌津復興夏まつりでポスト帰還セレモニーを開催。

長い旅を経て、歌津と沖縄の縁をつないで帰って来たポストに、

「おかえり」「おかえり」と大声援を送りながら、ポストの帰還を盛大に祝いました。

utatsu-post3

 

このような経緯から開催することになった2013年の夏まつり。

沖縄と歌津をつなぐ良い言葉はないだろうかと実行委員が話し合い、

「結(ゆい)まーる」という一つの共通点に気づきました。

どちらの地域も「結」という助け合い、相互扶助の文化があり、人々は支え合いながら生きてきました。

今回の震災の際、この結の文化がたくさんの人を救いました。

このことから、2013年の祭りの名前は「結まーる あげぇポストのたびまつり」としました。

「あげぇポスト」は「赤いポスト」の歌津訛で、ポストが旅して帰って来たという意味を込め、「あげぇポストのたびまつり」としました。

 

あげぇポストがつないだ縁を大切にし、復興を進めていく。

ポストが伝えたかった想いを感じとり、今年も夏まつりを開催します。

 

utatsu-iriomote

(西表島から届いた歌津のみなさんへの手書きメッセージ )

ポストが結ぶ心の輪 歌津復興夏まつりのストーリー” に対する意見

  1. ピンバック: 9/12 KOBOスタ沖縄イベントへ参戦します | 南三陸町観光協会公式ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です